「 A Nancy Wilson Christmas 」
Nancy Wilson
(2001)
Telarc
★★★★★★★★☆☆

曲目リスト

01. Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!
02. Sweet Little Jesus Boy
03. White Christmas
04. Silver Bells
05. What Are You Doing New Year’s Eve?
06. All Through the Night
07. O Christmas Tree
08. O Holy Night
09. Carol of the Bells
10. God Rest Ye Merry Gentlemen
11. Christmas Time Is Here
12. Angels We Have Heard on High
13. Christmas Song

クレジット

Ali Ryerson(Flute)
Antonio Hart(Sax (Alto))
Claudia Mahave(Violin)
Claudio Roditi(Trumpet)
Darmon Meader(Vocals)
David Gibson(Trombone)
Dennis Mackrel(Drums)
Duduka Da Fonseca(Drums)
Dwayne Dolphin(Bass)
Earl Gardner(Trumpet)
Frank Wess(Flute)
Gary Smulyan(Sax (Baritone))
Greg Gisbert(Trumpet)
Herbie Mann(Flute)
James Moody(Sax (Tenor))
Jay Ashby(Percussion)
Jimmy Heath(Saxophone)
John Arthur Lee(Bass)
John B. Williams, Jr.(Bass)
Kim Nazarian(Vocals)
Lauren Kinhan(Vocals)
Llew Matthews(Piano)
Marty Ashby(Guitar)
Monty Alexander(Piano)
Peter Eldridge(Vocals)
Renee Rosnes(Piano)
Roger Humphries(Drums)
Roy Mccurdy(Drums)
Slide Hampton(Trombone)
Terell Stafford(Trumpet)
David Premo(Cello)
Douglas Purviance(Trombone (Bass))
New York Voices(Performer)
Jon Faddis(Trumpet & Musical Director)

1937年生まれだから
・・・いやいや
女性の年齢は詮索するのはやめよう
ナンシーウイルソンの
2001年のクリスマスアルバム

いやいや
バックが凄すぎ・・・

基本は自身のトリオなんだけど

(1)(4)(10)は
ガレスビービッグバンド
デジーガレスビー門下のビッグバンドだけど
クレジットに表記した人達のほとんどは
それぞれ自身名義のアルバムをもっているような
実力者の集まりだ
ディレクターはトランペットのジョン・ファディス

上記3曲は
そのゴージャスさにただただ酔いましょう

(2)と(9)は
ニューヨークボイセスだ
決して目立ちすぎる事なくナンシーとうまく絡んでいく
相性が良いというより共にプロフェッショナル

その(9)では
ピアノソロが
ジャマイカ出身のモンティーアレキサンダー
つまり
間奏でも聞き入ってしまうって事

(3)と(11)は
ハービー・マンのフルート
また
(3)と(7)では
リニー・ロスネスのピアノ
ハービー・マンはそこまで珍しくはないだろうが
リニー・ロスネスの参加は特筆ものでしょうね

もちろん
ナンシーウイルソンの声のハリもツヤも
この年
まだまだバリバリの出来だ

かなりの曲数もあり
バラエティーに富んだ
ボリュームの有るアルバムだけど
聴き所が満載なので
あっというまに最後の曲

(13)の大定番曲で
グイグイっと引き込まれるような
ナンシー節がいちばん聴けるかな・・・